サイトマップ

債務整理にかかる費用は質とのバランスが重要

借金問題を解決できる債務整理は、弁護士や司法書士がいる法律事務所に依頼をするとスムーズに安全に、最適と思える手続きで進められます。しかし、自分で行う債務整理では発生しない依頼の際の費用が出てくるため、どうしても債務整理費用が安いところを探してしまうものです。

 

 

安ければたしかに債務整理の依頼時の負担は減りますが、あまりにも安いところでは債務整理の実力に問題がある可能性があります。特に多くの借り入れを抱えている場合には法律事務所側の実績、腕が重要となるので、債務整理費用が安いだけでなくしっかりと進めてくれるかも確認しなければならないのです。

 

かかる費用は多くの法律事務所で似たようなものとなりますが、あまりにも安いところがあった場合には、逆に注意をしておくべきでしょう。

 

無料相談からはじめる債務整理の基本

借金の返済に苦しんでいる人は多数います。返済が滞り、毎日取り立ての電話に怯える日々になると、精神的においつめられ仕事中でも食事をしている時でも、寝ている時ですら借金のことしか頭の中にない状態になってしまいます。そういう生活を長く続けると、仕事でミスが続いたり、家庭内不和がおこったり、自分の人生に取り返しのつかない悪影響を及ぼすことがあります。

 

借金に苦しんでいる人は、勇気を出して、弁護士などの法律家に相談しに行きましょう。債務整理するなんて恥ずかしい、自分でなんとかしなくてはならない、と考える人もいるでしょうが、債務整理は決して恥ずかしいことではありません。借金を生理して生活を立て直すチャンスなのです。

 

専門家に相談すると、色々と借金の債務整理の方法について説明してくれるので、自分自身の置かれている状況についても冷静に判断できるようにもなります。

 

専門家に相談に行く時に心配なことは、相談料です。相談に行きたくても、相談料を捻出することができない、と悩む人もいるでしょうが、そのような心配は無用です。債務整理に関しては初回は無料で相談にのってくれる弁護士事務所がほとんどです。ホームページを見たり、電話で確認し、無料相談を行っている事務所に相談しに行くと良いでしょう。

 

相談はネットで24時間行える

回答については営業時間内となりますが、メールや電話での相談は24時間行える法律事務所が多いです。借金問題をすぐにでも解決したい、費用はどの程度かかるのか知りたい、なるべく早めに連絡が欲しいと考える方は、ネットでも電話でも確認が出来る債務整理費用は安い?高い?を見てください。

 

個人再生と家計簿の役割

借金を債務整理する方法として、一番よく知られているものは自己破産でしょう。反面、個人再生はあまり知られていない債務整理方法かもしれません。個人再生は、自己破産のように借金が全額免責されるのではなく、5分の1まで減額して、残りは数年かけて返済していく方法です。

 

借金の返済額が減るとはいえ、継続して長期間借金を返していかなければならないため、収入があることが条件となります。

 

個人再生の流れとしては、弁護士等に依頼し受任通知が郵送された後、過去1,2年の銀行明細や住民票など個人再生に必要な資料を集めることになります。書類集めと並行して、家計簿をつけていきます。なぜ家計簿が必要かというと、今後確定した借金の返済を続けながら、支障なく生活することができるかどうかを裁判所が見定めるためです。

 

家計簿を見て、収支に無理があると判断されると、個人再生の認可は下りません。家計簿をつけることは面倒に感じるかもしれませんが、個人再生するにあたって重要な役割を果たすと同時に、自分の生活を見つめなおすチャンスでもあります。

 

なぜ債務整理する事態に陥ってしまったのか、家計簿から見えてくることもたくさんあるでしょう。裁判所に家計簿を提出した後も、これから始まる返済に備えて生活費を引き締めていくと良いでしょう。

 

個人再生は非常に難しい手続き

債務整理の中でも個人再生は複雑な手続きとなり、専門知識も必要です。自分ひとりで進めると何かと問題も出やすいので、なるべくなら専門家への相談と依頼をしておくと良いです。

 

どこから借りているとしても借金返せない債務整理なら専門家への相談からはじめるのが失敗をしづらい最善の方法とも言えるので、まずは無料相談から借金解決に向けて動いてみることをおすすめします。