サイトマップ

借金返済からの開放

借金が返済できなくなると、行方をくらませば返済しなくてすむと逃げてしまう人がいますが、そういったやり方は周囲の人間に迷惑をかける上いつまでも逃げ続けなくてはいけなくなります。

 

10年間たてば返済しなくても良くなると思っている人もいますが、それは金融会社が督促などを行なわなかった場合に限ることで、実際は返済義務がなくなることはまずありません。

 

逃げてしまうよりも債務整理をした方が、周囲の人間に迷惑をかけることなく借金問題を解決できます。

 

債務整理とは債権者と交渉して借金の額を減らしてもらったり、毎月支払う返済額を支払いやすい金額に見直してもらう方法です。そんな事ができるのかと思うかもしれませんが、債権者の方でも逃げられて回収不能に陥るよりも、少しずつでも返済してもらったほうが損が少なくなります。

 

支払うべき借金の額を減らしてもらうので交渉は大変ですが、弁護士や司法書士に依頼すると交渉や手続きを全て一任できます。また専門的な知識があるため、自分でするより借金の額を減らしてもらうことができます。

 

借金で苦しんでいる人は弁護士や司法書士を雇う余裕がない人がほとんどのため、相談はほとんどの事務所で無料で出来るようになっています。また費用の支払も分割で出来るところも多く、借金の返済額が減れば支払えるようになります。

 

債務整理で借金を解決するためには、基本となる債務整理相談から始めることとなります。