サイトマップ

カードの作成が出来なくなる欠点

今の時代はクレジットカードを所有する人が大多数です。しかし、クレジットカードは後から支払うという点において、借金をしているのと同じことです。クレジットカードの使い過ぎで借金が膨らみ、債務整理に至る人も少なくありません。債務整理を行うと、クレジットカードはどうなるのでしょうか。

 

当然ですが、債務整理を行う債務先の中に入っているクレジットカードは利用停止となり、以後使用することはできません。では、あまり利用していないクレジットカードがあって、債務整理の債務先に入っていない場合、債務整理後もそのクレカは使用できるでしょうか。

 

クレジットカード各社は信用情報を参照しながら与信を設定します。自己破産や任意整理など債務整理の手続きに入った時点で、そのことが信用情報に記載されます。すぐに利用停止にならなかったとしても、カード更新痔にはクレジットカード会社は信用情報を参照するので、遅くともその時点で利用できなくなる可能性が高いです。

 

債務整理を行ったからといって一生クレジットカードが持てないかといえば、そのようなことはありません。債務整理後、5年から10年程度経過すれば、信用情報から債務整理をした記載が解除されるので、再びクレジットカードが作れるようになります。

 

債務整理後の生活を立て直す期間とし、新規でカードの作成などは考えるべきではありません。どこからも借りられないからと闇金融を利用すると更に大きな問題となりますので、闇金融は絶対に利用をしないようにしてください。もし借りてしまった、取り立てを受けているのであれば、早いうちに闇金被害解決と無料相談を進めましょう。