サイトマップ

借金が多すぎて訴状が来たら

借金を持ちすぎて、なお且つ返済が滞るようになってくると、裁判所を利用して借金を払うようにする方法が取られます。これによって訴状が届くようになり、速やかに借金の返済をしなければ、法的措置が取られてしまうのです。これは非常に厄介な問題であり、何とかして解決していかなければ厳しい問題に直面します。

 

一番の問題は、訴状を無視すれば負けが確定することになり、法的措置によって支払いが強制的に実行されます。裁判で負けてしまうことは、当然支払いを行わなければならないことに繋がってしまうので、どうしようもない状態に陥ってしまうのです。この訴状が届いてからでも、十分に対策を行えるようにはなっています。

 

裁判所から訴状が届いた場合は、とにかく弁護士に相談をして、どのように対応するかを決めてください。場合によっては自己破産を狙う方法もあるので、訴状が届いてからでも対応はできます。弁護士に協力して和解案を作ってもらったり、帳消しにするために自己破産を行い、訴状の効果が無くなってしまう方法も取れます。

 

訴状が来て怯えてしまうこともありますが、まだ対応できる可能性はあるので、弁護士に相談して解決してください。放置することだけは絶対にいけません。

 

訴状にしろ督促状にしろ、受け取った後にそのままにするのが一番よくありません。どのように対処すべきかを支払督促が届いた場合で知っておいてください。